忍者ブログ
玩具サイトReader's Voice別館。ほぼ毎日更新を目標にしていたのはン年も前の話、な玩具ブログ。
[489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

iPodのプレイリストに「プロレステーマ曲」ってのを作って80曲ほどシャッフル再生しているんだけど、
「J」→「王者の魂」→「スパルタンX」と連続で続いた時にはびびってたじろいだね。
え?何の話かサッパリ解らんて?(^ω^;

そんな事より本題。

その無茶な動きや変形故に、昭和のロボットアニメに出てくるメカは全て
「液体金属で出来ている」と揶揄されてきたけど
その代表作でもある「ゲッターロボ」でこの問題への解答が既に出ていたのには驚いた。

【ゲッター1の変形シーン(腕まわり)】
腕の変形解釈01 腕の変形解釈02 腕の変形解釈03

なんとなんと、細かいパネル状のものが幾重にも出てきて、各々の形を整形してたんですな。


昭和時代のアニメではここまでの詳細を見せていなかった、またその動作が高速な為に
我々の眼には「ニュルっと変形しているように見えていた」ワケだ。(←ここ笑うトコ)

「液体金属」という表現はギャグでしかないけど、この解釈には納得できる。(←ここも笑うトコ)
ミラクルドリルやジャイアントカッター、ゴッドバードもこれで合点がいったヨ。(←まだ笑うトコ)

という冗談は置いといて、こういった「後付け設定」ってスゲェな。
我々一般人とは閃きの観点が違うんだろうな。尊敬汁。


惰性で見始めた【真・ゲッターロボ】だったけど、なかなかやりおるのぅ。(←10年遅れ)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
ハンドルネーム:
リーダー
本家ホームページ:
オモチャ大好き悩める小社長。
心の琴線に触れたものなら何でもありをモットーに日々のTOY生活を送ってます。最近はもっぱらコッチで活動中。
管理人にのみメッセージを送れます
Twitter