忍者ブログ
玩具サイトReader's Voice別館。ほぼ毎日更新を目標にしていたのはン年も前の話、な玩具ブログ。
[798] [797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■キン肉マン生誕30周年記念 “29(にく)+1(うの)(UNO)”プロジェクト 『キン肉マン×宇野薫 キンケシ®』

今年の3月に取り上げてから待つこと3ヶ月、ようやく発売されますた。

キン肉マン×宇野薫 キンケシ

サイズや材質は既存の復刻版に準じる形。
逆に造形は当時物を踏襲するのではなく、今のキンケシ・・・
いわゆる新造形の方に近い雰囲気のこざっぱりとした作品に仕上がっております。
若干モールドが浅い気もするけど、まぁ許容範囲。
ファンなら買いですよ!


…と書いた所で気づいたのですが、
今回キンケシとのコラボを果たす事となった相方の宇野薫については
パッケージのどこにも説明が無いんですよ!(もちろん内封チラシにも)

総合格闘家という”くくり”では収まりきらない多彩な才能を発揮し、
数々のメディアで活躍している宇野選手ではありますが、
「あぁ、あの人ね!」と誰もが言うにはまだまだ程遠い知名度です。

この商品が販売されるのは多くの一般人が生活の一部として利用するコンビ二。
直接「キン肉マン」や「キン消し」の事は知らなくても、
それらを「単語」として知っている人なら相当な数がいるでしょうから
「キン消し?聞いたことある~」なんつってこの商品を手にとってくれるかもしれません。

その際、何の説明も無しにキン肉マンの横に描かれている
宇野選手(の似顔絵)を見た人達は何を思うでしょう?
「誰これ?うのかおる?シラネー」という反応が大多数じゃないでしょうか。
ゆでたまご先生には申し訳ないですが似顔絵もあまり似てないし...

事実、キン消しを扱うサイトの中ではかなり有名な所ですら、この商品に関しては
「キン肉マンと宇野薫という人がコラボした商品です」的な説明がされている状態です。
キン消しが好きな人、キン肉マンが好きな人達でさえこういった反応ですから
世間一般的な反応は聞くまでもないでしょう。

企画担当者はかなり宇野サイド寄りの人物と推測され、
「この商品を手に取る人なら宇野の事は知っていて当然」と思っている(いた)のでしょうが、
その内輪ウケ的な考えが、宇野選手の説明が一切載ってないパッケージを生み、
結果、市場では「これ誰?」という事になってしまっているわけです。


例えば宇野薫本人の顔写真をパッケージに使用するとか、
一言「総合格闘家」「UFCで活躍中の」といったキーワードを入れておけば
「宇野薫=総合格闘技の人」という認識がこの商品から世間一般に広まり、
今より確実に大きな反応が(宇野選手自身に)返ってきたのではないかと思うのです。

また、宇野選手が総合格闘家として世間に認識されるという事は
格闘技というジャンルそのものが認識される事につながり、
最近人気の低下が著しいとされる(格闘技)業界の盛り返しにも繋がるのです。

キン肉マンについても同様です。

宇野選手の事は知ってるけど、キン肉マンについては
全く知らない人だって世の中には沢山います。

そういう人達にこの商品をどのように説明するのかといったら、
「宇野選手が総合格闘技をはじめるきっかけになったのが漫画キン肉マン」
「宇野選手が昔から好きだった玩具がキン肉マン消しゴム」
というように、宇野選手をからめたキン肉マンの話をアピールする事でしょう。

そうすることでこの商品に対する理解度と、
同時にキン肉マンに対する意識も向上するでしょう。
単行本を買う人やプロレス会場に足を運ぶ人まで現れるかもしれません。


最近コラボコラボとよく言葉を耳にしますが、今回のキン肉マンxUNO企画は

キン肉マン側から見て宇野薫のファンをどうやって取り込むか。
宇野薫側から見てキン肉マンのファンをどうやって取り込むか。
また、双方が合わさることでどういった効果が生まれるのか。

そういった事を意識して進められた企画なのでしょうか。

今回はたまたま「宇野薫の説明が見当たらない」という事をネタに話を広げましたが、
キン肉マン側だけ、宇野薫側だけで物を見ていたら
それは単なる「コラボごっこ」です。

コラボレーションするという事は、相乗効果が見込めるからこそするものです。


キン肉マンとUNOのネームを使う事で互いの向上を望んでいたのであれば、
もうちょっと練り込む必要があったんじゃないかなぁと思うのですヨ。




PS:商品自体はシクレを含めコンプ済みです(^^;

拍手[1回]

PR

コメント
歪みねぇ!
さすが!リーダー!といいたところでしょうかw
こういう商品はちゃんとコンセプトなりを説明して“貫き通す”コトが大前提にありますね。
半端な企画が企画自体をダメにして、さらに今後発案されるコラボ企画の足を引っ張ってしまうダメダメスパイラル・・・。バンダイのHPなら内容経緯解るんですけどね。

ぬるいーぬるいなぁー^^;
【2009/06/24 17:45】 NAME[まめたん] WEBLINK[] EDIT[]
東スポ買いました。
>まめたん氏

最後までお読みいただきまことに恐縮です。
いやモゥ、最近内輪ウケ的なダメダメ企画が多くて…。
今回のキン肉マンxUNOにしたって
滅多にない企画なのに「なんか勿体ねぇなー」と。
自分を棚に上げて語ってみました(^^;
【2009/06/25 19:20】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:
UFC100 ブロック・レスナー王座防衛!
ナイスリフォームの資料請求 レスナーがやった! ミアは手も足も出ないって感じで、完膚なきまでにやられました。 今後UFCはレス...
WEBLINK[URL] 【2009/07/14 03:01】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
ハンドルネーム:
リーダー
本家ホームページ:
オモチャ大好き悩める小社長。
心の琴線に触れたものなら何でもありをモットーに日々のTOY生活を送ってます。最近はもっぱらコッチで活動中。
管理人にのみメッセージを送れます
Twitter