忍者ブログ
玩具サイトReader's Voice別館。ほぼ毎日更新を目標にしていたのはン年も前の話、な玩具ブログ。
[355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プロレス生観戦の興奮が冷め止まぬ前に触れておきたいプロレス系のフィギュア。

JACKSフィギュア01

日本で主流になっているのが、写真右の国産メーカー・キャラクタープロダクト(略してキャラプロ)社や
モグラハウス社が展開している5インチ(約13cm)のフィギュア。
一方、海外で主流なのが、ジャックスパシフィックス社の6インチ(約15cm)のフィギュア。

入手のし易さ、価格、そしてよくできた造形と3拍子揃った
日本製のフィギュアを今まで割と集めていたんだけど、
大物選手はおおよそ出尽くした感があるのと、
特に最近は色違いのバリエーションを増やす傾向にあるので
購買意欲が急降下。

逆に、今までは完全に無視していたアメリカ・ジャックス社製のフィギュアの方に今は注目しています。

拍手[0回]



MARVEL系のフィギュアでおなじみのTOYBIZ社や、
その他いくつかの会社からもプロレスフィギュアが発売されていた時期があったものの、
どこもあまり長くは続けなかった(続かなかった?)というのが海の向こうの現状で
ファンからすれば「やっぱり老舗のジャックスでしょ。」って事になってるみたい。
(最近TNAを出しているトイビズもいつまで続くかな、と。)

そんな老舗のジャックスも、ちょいと前までは酷い造形のものも多くて・・・
コレがTAKAみちのくですよ。(⊃Д⊂)

JACKSフィギュア02

モンスタージャパンの店頭で初めてこれの現物を見た時
マジで引っくり返りそうになりましたですよ;;;

「欧米人の原型師は、アジア人の顔の作り分けができない。」とか言うレベルじゃねーぞ!www


ただ最近は、3Dスキャンの技術を取り入れた製品開発を行うようになったらしく、
すこぶる出来の良い、似ているフィギュアが出回り始めたのですよ。

写真はあまりのカッコ良さにパッケージを開封できないMr,Tとタイソン。
プロレスじゃなくてボクシング(ロッキー)だけど;

JACKSフィギュア03

撮影中はリアルでスタローンの妻だったドラコの嫁役(ややこしい)の
ブリジットニールセンもかなり雰囲気出てると思う。



これでMARVEL LEGEND並の可動が加われば文句無しなんだけどねー
せめて股のロールと2重関節は採用してほしいなぁ。

JACKSフィギュア04

「可動しない格闘技系アクションフィギュア」なんて本末転倒もイイトコだよ!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
ハンドルネーム:
リーダー
本家ホームページ:
オモチャ大好き悩める小社長。
心の琴線に触れたものなら何でもありをモットーに日々のTOY生活を送ってます。最近はもっぱらコッチで活動中。
管理人にのみメッセージを送れます
Twitter