忍者ブログ
玩具サイトReader's Voice別館。ほぼ毎日更新を目標にしていたのはン年も前の話、な玩具ブログ。
[780] [779] [778] [777] [776] [775] [774] [773] [772] [771] [770]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リーダーの玩具収集はついにトイガン(しかもこんなチープな物)にまで及んだのかっ!?

GO-BOTS RO-GUN CAP RIFLE

んな事ぁ~ない。


確かにパッと見はちょっと大きな(50cm)子供向けトイガンだけど・・・

※先っちょ伸ばし忘れてます


こうしてパーツを移動していくと・・・あれれれ?

変形?ヘンケイ?



なんとロボットに変形しちゃうんですヨ!だっさいけどw

ロボ?マジ?



ただコレ、単なるダサいロボット(ダサロボ)だと思ったら大間違い。
胸に注目!なんと「GO-BOTS」(海外のマシンロボ)の正規商品なんですヨ!

紛れもなくGO-BOTS
■GO-BOTS - RO-GUN "CAP RIFLE"(1984)


GO-BOTSといえば日本未発売の商品を大挙リリースしていた
トンカ社(現ハスブロ傘下)が有名だけど、
このトイガン(正式名称「RO-GUN」)を発売していたARCO社をはじめ
海の向こうでは複数の会社がGO-BOTSの名の下に商品展開を行っていたんですね。


ただ、トンカ社以外の商品に関してはデザインやサイズ、ギミックとその全てにおいて
GO-BOTS(マシンロボ)とは言い難い物が多く、またそれらはアニメ本編には登場しない
ことから、トンカ製とそれ以外の商品との間にはなにやら目に見えない区分けがある様子。
政治的な事なんでしょうか?よくワカリマヘン。

とはいえ、マシンロボファンの聖典「マシンロボウェッジ」には<それ以外の商品>の記載も
一応はあるので、オフィシャルなGO-BOTS製品であることには変わりないのですが。

※今回紹介しているRO-GUNだけは一切の記載が無いのは何かの間違いでしょう(^^;


+++


最後にギミック紹介。
このリボルバーの写真を見て懐かしいと思った人は確実に昭和の人間です(笑)
RO-GUNの正体は、なんと音(と匂い)で楽しむ玉の出ない拳銃玩具だったんですね。
昔よく遊んだなぁー。(←昭和

薬きょうプリーズ!

実際に試してみたいけど、このスタイルの薬きょうなんて今どき売ってないだろう・・・
と思ったらまだ存在してるのね!ググってみたら出てくる出てくる。

「カネキャップ」という名で主にパーティグッズのトイガン方面でバリバリの現役らしい。
スゴイ!今度買ってみよ!


って、ここまでくると全然マシンロボの話じゃないですね(笑)

拍手[0回]

PR

コメント
ポップガン!
きれいなトイガンだなーつて思ってたら
ロボットに!?
メガトロンっていう遠い親戚がいるのではw
【2009/05/22 23:32】 NAME[oto] WEBLINK[URL] EDIT[]
Re:ポップガン!
>otoさん

マシンロボはトランスフォーマーのいわばライバル商品でしたから、
otoさんの考察もあながち間違ってはいませんヨ(笑)
【2009/05/23 15:06】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
ハンドルネーム:
リーダー
本家ホームページ:
オモチャ大好き悩める小社長。
心の琴線に触れたものなら何でもありをモットーに日々のTOY生活を送ってます。最近はもっぱらコッチで活動中。
管理人にのみメッセージを送れます
Twitter